店の看板

お店の看板としての機能をも持つシャッターですが、動かなくなってしまったり、途中で止まってしまったり、上げている途中で止まってうんともすんとも言わなくなってしまったということも珍しくありません。
そのため、修理業者をよんで治してもらいたいというのはもっともですが、すでに取り付けた会社が他の場所に移転してしまったなどの理由で来てもらえない事もあります。
そんなときには、日本全国に来てくれる対応を取っている業者に相談することも重要です。
昨今では24時間いつでも電話連絡を取ることによって対応してもらえるので、お店をやっている人々にとっては大変ありがたいといえます。
特に休日シャッターが故障すると大変お店にとって売り上げなどの問題が重要なポイントとなるので、確認しておくことが重要とされています。
お店にとってなにげなく大切なものだからこそ、より明確に取り替えておくことを踏まえて修理することが重要と考えられているのです。

専門業者では、開かなくなったり閉まらなくなった、動かなくなったりなどの故障や修理に対応してもらうことができます。
破損したり故障をしてしまった場合は、放置して下をくぐることは大変危険だとされています。
開閉する際にうるさい音が発生することがありますが、これはサビ止め用の潤滑油をスプレーすることで解決することができると言われています。
手動式のタイプを利用されていらっしゃた場合でも、リモコン付きの電動式に変えることも可能だと言われています。
スチールタイプのシャッターは水洗いを頻繁におこなっていると逆に錆びやすくなり寿命を短くしてしまう恐れがあるようです。
お手入れ方法として乾いた布やよく絞った雑巾などで拭くことがよいと言われています。
電動式を利用されている場合、落雷で反応しなくなってしまう故障が起こることがあります。
これは電子基板の半導体が落雷に伴うサージ電流で破損した可能性が高いと言われていますので、業者への修理依頼が必要です。

オススメリンク
シャター修理の専門サービスなら@シャッター110番
安全かつ便利な機能を搭載したシャッターの電動化は業者に依頼すれば簡単に変更できます。口コミサイトで業者を探してみよう。
電動シャッターの導入工事を依頼するなら<電動シャッター110番>
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年8月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31